里山のいとなみを体感するフィールドづくり
里山のいとなみを体感するフィールドづくり 2024.03.28

Satologueの敷地に元々あった、幾つもの巨大なコンクリートの生簀。ここでは昭和初期まで養殖業が営まれていました。これらの生簀に水を運ぶパイプが、敷地内をぐるりと走っています。それは、裏手の清見滝から水を引き、勾配だけで水の流れを作り出し、敷地内に7つほどある生簀の全てに、均等に水を溜めることのできる養魚用の給水システム。先人たちの知恵の結晶です。川の水をちょっと間借りして、その流れに営みを作り出し、最後は水を川へとお返しするという里山の循環。人の暮らしが近くにあることで、生態系が豊かになるというのが、里山の自然環境の特徴と言われます。例えば奥多摩には、一般的なゲンジボタル、ヘイケボタルの他、ヒメボタルなど陸生の蛍も見られます。それは蛍の幼虫の餌となるカワニナが生息しているから。そしてそのカワニナの餌は、人の暮らしから流れ出た生活排水の養分、という具合です。

この庭では、もともとこの地域にいた動植物にとって健やかな環境を目指し、生態系に大きな影響が出るような外来種を故意に持ち込むことはしません。在来種がのびのびと育つよう、全ての生き物の土台となる土は、地元のもののみを使用しています。また、コンクリートの生簀に水抜きのための穴をいくつかあけ、最下層には炭や砂利を、そして敷地内で伐採した枝葉を敷き詰め、その上に土を盛って、土中の健やかな環境を保つ工夫をしています。これらの良い土をベースに、自家農園とビオトープを造成しています。

お食事の前には、この奥多摩の生態系と里山のいとなみを体感できるフィールドをスタッフがご案内。動植物マップを片手にお散歩をお楽しみいただけます。お散歩はAM11:00から1日1回のみ実施いたします。ぜひ、奥多摩の動植物とふれあいにお越しください。

 

Instagram Facebook